年間果実収穫スケジュール

事業拡大とともに、労働力の確保が必要になってくるため、地域外やUIターン者の受入れも検討している。雇用環境の整備についても引き続き進めていきたい。
観光業の閑散期就労に関しても注視していきたい。
雇用の合理化。

年間果実収穫スケジュール